2019.6.28更新終了しました。
ご愛読ありがとうございました。

Twitter

慌てて隠すから怪しいのに…表紙がおっぱい写真の本を外で読んだら…

今日は皮膚科の通院日だったので、雨の中仕方なしに出かけました。

いつも朝イチに予約を入れてもらって、パッと済ませて帰るのですが、今日は半端な時間だったので長時間の待機を覚悟。

院内でスマートフォンは使えないので、なにか本を持って行こうと思い、ちょうど目の前にあった文庫本をバックに忍ばせて行きました。

 

持って行った文庫本は官能小説ではないものの性描写が多い作品で、読みたいと思って買ったままになっていたものです。

外で読むのはどうかと思いましたが、誰も他人の手元にある本なんか見ないでしょうし、見ても内容まではわからないだろうと考えて、熟読。

病院は思ったよりも空いていて静かだったこともあり、じっくり本の世界を楽しみました。

 

診察を受けたあとは処方箋を持って薬局へ行き、ここでも待ちます。

本が想像を超えておもしろかったので続きが気になり、迷わずまた開いて。

30分は読めるなと思っていたら、「あの…」とすぐ隣から呼びかけられて驚きました。

 

なんだ!?と思い目を向けると、女性の薬剤師さんがポツリと椅子の横にしゃがみこんで、こちらを覗き込んでいます。

「お薬が在庫切れで…」と、とても申し訳なさそう。

実はいつものことで、あらかじめ薬局に”来店予告”をしなかった私に非があります。

 

「あっ、そうですよね。急に来てすみません」と挙動不審に返答するのですが、気になるのは薬剤師さんの視線です。

話しかけられたときに慌てて閉じた本の表紙には、モロおっぱい。(絵ではなく写真)

カバーもかかっていないそれを、ふたりともチラチラ見ながら薬の話をしている…

 

やり取りの最中は妙にドギマギしましたが、話が終わって本をバッグにしまい込むと、まあいいか…と。

文学作品ですから、おっぱいのひとつやふたつ出ても変ではありません。

おっぱいが出る本を読んでいるからといって、私がスケベだということにもなりません。

そう考えたら安心して、でも目が大きくてきれいな薬剤師さんだったので、お会計のときにはドキドキしました。(在庫がなくても先にお金だけ払う)

 

慌てて隠すからいけないんですよね。

外でエッチっぽい本を読むときは、もっと堂々としていようと心に誓いました。

 

今日の一枚

今日はイマイチ食い込まないな…と筋に添わせて触っているうちにムラムラして、勢いで一回したあとの一枚です。

少しぐったりしています。

 

病院からの帰り道、小さな買い物袋をさげて歩きながらアイスクリームを食べている男性とすれ違いました。

見た瞬間、ビビッとくるものがあって。

「おじさん(失礼ですが)×アイクリーム歩き食い」の意外性がなぜかとてもいやらしく感じられて、帰宅後、すれ違いざまに横目で見た姿を思い浮かべながらひとりエッチを楽しみました。

 

ギャップや意外性って、なぜ性欲を掻き立てるのでしょうね。

本来なら違和感であるはずのところが妙にムラムラッとくるのは、いったいどうしてなんだろう。

 

今夜も0:00~0:30の間にツイキャスでラジオを配信します。

よかったら遊びに来てください。

スナック朝顔(録音も聞けます)

 

アダルトSNSはじめました。
「朝顔」で登録しています。
このブログが私の秘密の入り口だとすれば、モンローは勝手口です。
(写真と短い動画を投稿しています。)

スケベ語り
あさがおをフォローする
朝顔の官能観察日記

コメント

  1. だいすけ より:

    自分は自室内にオナホールに使用したローションを仕舞い損ねて
    訪ねてきた友人親娘に揃って見られ 視線も釘付けでいたのも承知でしたが
    先に退いた方が負けの二百三高地状態で お互いそしらぬふりを続けた事が
    あります (・∀・)ニヤニヤ

    もう往来でM字開脚アナルのシワを数えられても恥と思わない恥知らず
    ですから 包み隠すということを知りません
    先にコメントさせて頂いたように 自室内では裸族ですから ドアホン鳴らされ
    そのまま応対ということもしばしばあります

    なので 今回の記事でのあさがおさんの出来事は ああ そういうことって
    ありますよね とは思いますが その様子を想像して (・∀・)ニヤニヤ
    とはなりますが 一緒に恥ずかしい いや 恥ずかしくないと思おう
    というよりかは さあ こちらへ一歩お進みなさい 事象の彼方へ!
    なんて ちょっと先導気取りになってしまうあたり 調子に乗っているの
    でした (ゝω・)テヘペロ

  2. D より:

    ワタシが深夜アイス大好き☆彡 ということをきいてムラムラし始めたね^^
    恥ずかしくないのか!m9!

    薬剤師さんナンパのヒントをいただきました感謝するノ”

  3. さとぴょん より:

    こんばんは(^o^)

    やはり、大胆。ひとりこっそり読むものだと思ってました。官能小説。

    その薬剤師さん、説明半分本に気を取られな感じだったでしょうネ。
    なんだ小説、本を閉じた瞬間オッパイ❗
    後で話のネタになってるかもね。もしくは、私も1度読んでみようかな…。

    エッチ本は、カバー裏返しに。無防備すぎる。白表紙=エッチ本…これなら堂々とできる。見る人がみればわかってしまうこともあるが。
    外でエッチっぽい本よむとき堂々と…私、エッチ大好きですといってるような…。

    なぜ、エッチ本堂々と見たりせず隠すのでしょうね?売り場では、堂々と飾ってあるのに?不思議です。

    アイス食い歩くおじさん思い浮かべエッチ‼️ん〰️何でもエッチに結びつけるところが凄い(><)

    今日の一枚…1回した後だからなのでしょうか?パンツ湿っぽく見えるのは…。

    睡魔に負けそう。上下まぶたが重なりあってフワフワ(-.-)Zzz・・・・

    少し早いが、おやすみなさい💤

  4. みっしぇる より:

    外でインスタ開いた時、TOP画面があさがおさんの写真だった場合は、おっとっととなり慌てて閉じる事がたまに有りますね😅

  5. yoshio より:

    総合病院の診察って半日はつぶれますよね、二か月に一回の割いあで定期健診を受けてます。

    読みかけの文庫本(村上由佳の花酔い)を持参しました。ブックカバーしてたので表紙を見ら

    れることはなかったのですが、一時間半くらいです名前を呼ばれて診察室へ、うかつにも半生

    状態、肛門外科の痔の治療です。ズボンを脱いで患部を露にするのにもじもじ冷や汗ものでし

    た。官能小説は部屋で一人で読むべきですね。

  6. てつてつ より:

    薬剤師さんの心の奥を覗くような視線にドキドキしちゃいましたか(^^)?
    自分も朝顔さんの心の奥を見てみたいです(^3^)/

error: Content is protected !!